特例有限会社の譲渡制限に関する規定について

Q:私が経営する会社は有限会社なのですが、法務局で登記事項証明書を取得したところ、次のような記載がありました。株式の譲渡制限規定を設けた覚えはないのですが、どういうことでしょうか?

株式の譲渡制限に関する規定

当会社の株式を譲渡により取得することについて当会社の承認を要する。当会社の株主が当会社の株式を譲渡により取得する場合においては当会社が承認したものとみなす。

A:平成18年5月1日の会社法施行に伴って従来の有限会社法は廃止され、現在は有限会社を新たに設立することは出来ません。会社工施行日の以前から存在する有限会社は『特例有限会社』とされています。

会社法が施行された時に、特例有限会社については株式の譲渡制限の規定があるものとみなされることになりました。つまり、特例有限会社は例外なく譲渡制限会社なのです。 特例有限会社の株式を譲渡する場合、株主同士での譲渡については株主総会の承認は不要ですが、それ以外の譲渡については株主総会の承認が必要となります。また、特例有限会社の株式の譲渡について会社の承認を不要としたり、株主間の譲渡にも承認を要求するような定款変更はすることができません。