家族信託とは

昨今の高齢化社会の中で特に問題となっているのは、財産を持った方の認知症によるリスクです。不動産を持っている場合には成年後見人を付けなければ売却することはできませんし、会社経営者の場合には議決権を行使することもできなければ、株式を譲渡することもできません。これでは会社の経営は大混乱になります。
そこで、最近注目を集めているのが「家族信託」です。財産を信頼できる受託者に信託(信じて託す)し、代わって保全、管理、運用、処分をしてもらいます。元気なうちに予め信託契約で定めた内容に従い、受託者は受益者のために財産を管理します。認知症のリスクを回避する家族信託はスムーズな事業承継に非常にマッチする制度だと思います。